今道しげみの絵になる写真レッスン

最近、カフェで写真を撮ることが多いので、もっと美味しそうに撮れたらなぁと思い、手に取りました。

今道しげみの 絵になる写真レッスン―毎日の生活を素敵に写す (デジイチ女子) -
今道しげみの 絵になる写真レッスン―毎日の生活を素敵に写す (デジイチ女子) -

なんとも華やかな表紙、いいですね。
期待が持てそうです。







1. 絞りは開放めで


本書では、50 mm単焦点、F1.4のレンズを推奨しています。
確かにそれは理想なんですが…なんですが…という感じ。

せっかくなので、値段を見ておきましょう。
SONY 単焦点レンズ 50mm F1.4 SAL50F14 フルサイズ対応 -
SONY 単焦点レンズ 50mm F1.4 SAL50F14 フルサイズ対応 -

きゃー!こんな明るいレンズあったら、これだけでカメラ買えちゃうよ!!

…という、カメラ使わない方には意味不明な導入ですみません。
要は、高いレンズを使うと写真が美しくボケますよ、という話。

2. 構図

構図は、縦構図が基本。確かに比べてみると、縦構図が格好いいんです。
そして、斜めのラインと、水平・鉛直のラインの使い分け。
つまり、被写体は斜めにしてもいいけど、
テーブルや柱は水平・鉛直を保つ構図の方が安定感があるという話。
…わかりにくくてすみません。
これは本書を読んでいただくしかないでしょう。

3. 光の向き

光源の向きとカメラの向きが同じことを順光、
逆のことを逆光と言いますよね。
ほら、逆光だと顔が暗くなっちゃうアレです。
本書では、特に花の撮影は、逆光・半逆光を勧めています。
えっ、逆光で撮るの?! と思ったのですが…
作例を見て納得。光を綺麗に写し取っています。
これも本書を読んでいただくしかないですね…!!

今回は、趣向を変えて写真の撮り方を勉強してみました。
ぜひあなたも本書の写真レッスンを受けて、日常生活を鮮やかに記録してください!


追記:実践してみました。
とはいえ、そんな明るいレンズ持ってないのですが…絞りは開放めで5くらい…
でも一応ボケてるかなーと思います。
愛機はニコンなので、ボケ味はいいはず…!!
本日のランチ、ラザニア。カリカリに焼けてるのが美味しい!
#leplus #豊中 #toyonaka #ランチ #lunch #ラザニア #d3200nikon

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439096722

この記事へのトラックバック